アレクシス ダ デン。 米教授「旭日旗への不満は韓国だけでない、IOCが東京五輪での使用禁止を」

日本糾弾の米・学者を真っ向から否定~慰安婦問題で若手学者が~

著書 [編集 ]• JBPress 古森 義久 米国人歴史学者がNYタイムズ上で日本悪玉論を大展開 安倍政権の対外政策を「膨張主義」と断定• の古森義久特別教授は「徹底した韓国びいき、日本叩きで知られた人物」と論じている。 2019年11月4日閲覧。 アメリカ側がこの慰安婦問題自体に真剣な関心を抱いたという形跡はどこにもなかったのである。 。 ダデン教授は「IOCは東京五輪に対する懸念とボイコット要求が中国、シンガポール、フィリピン、ミャンマーに広がる前に気づくべき」とし「これらの国でも数百万人が旭日旗の象徴の下で似た暴力を経験した」と説明した。

Next

【緯度経度】米学界に「新風」 日本政府抗議に猛反発した米歴史学者19人の主張を痛烈批判 マグロウヒル社教科書めぐり (2/2ページ)

に卒業。 安倍は「裸の王様」 この「解説」を発表したのはエール大学のアレクシス・ダデン准教授だった。 慰安婦問題では、「性的奴隷」「日本軍による強制連行」「20万人が犠牲」など朝日新聞の誤報と歩調を合わせる形で日本叩きを続けてきた。 アキタさんは大学からは退いたが、ホノルルの自宅で執筆活動にいそしむ。 琉球新報 2015年2月4日. com• 「歴史家たちは朝鮮、中国、フィリピン、その他のアジア諸国からの女性二十万人もが拘束され、日本軍がその拉致に参加した、と述べている」 「歴史家たちが述べている」というのはなんとも論拠の薄弱な記述である。 経歴 [編集 ] 父親のアーサー・パワー・ダデンはのアメリカ史の教授で、フルブライト奨学金事務局の元事務局長。

Next

日本糾弾の米・学者を真っ向から否定~慰安婦問題で若手学者が~

いずれも事実とは反する記述だった。 ダデン氏は、日本と韓国の間での歴史認識関連の対立に関して常に日本糾弾を鮮明にしてきた。 だから出発点も、終着点も、本来の議論の焦点は「日本軍による政策としての組織的な強制徴用」があったのか否かに、しぼられていたのだ。 「強制性」とは明らかに日本軍が組織として女性たちを強制徴用することを指しての言葉だった。 ジョージ・アキタ・ブランドン パーマー『「日本の朝鮮統治」を検証する1910-1945』、2013年8月。

Next

慰安婦問題を考える: Comfort Women Issue: ジョージ・アキタ名誉教授が米国人反日女性学者を批判、デタラメ教科書著者にも疑問

ハフィントンポスト 2016年12月26日• そんな日本糾弾の議論のなかでも「日本軍復活のための企図」というこの解釈には、びっくりした。 、で市民団体によって開催されたという名の集会にて、昭和天皇を有罪とする判決を下した枢要を務める。 が、 常軌を逸した反日の人物と言って良いと思います。 ジョージ・アキタ・ブランドン パーマー『「日本の朝鮮統治」を検証する1910-1945』、2013年8月。 また、韓国が五輪での旭日旗使用の禁止を要請したことに対して日本側が「政治的表現とは考えていない」として拒否するのは不当だと指摘した。 「安倍は議会の決議案は客観的な事実に基づいていないと主張する。

Next

【緯度経度】“反日”女性米学者の「歴史」声明は政治活動 朴槿恵政権に助言も 韓国では「平和賞」受賞 (1/2ページ)

残念ながらそのようなことは起こらなかった」 - 安倍首相の訪米期間中の慰安婦問題への言及をどのように評価するのか? 「様々な機会があったにもかかわらず、安倍首相がこの恐ろしい野蛮の歴史を認めなかったことについて、多くの人が不満に思っている。 こうした姿勢は前述のアレクシス・ダデン氏の主張とも共通している。 その対象は論文や研究報告のみならず、手紙や日記、メモ、走り書きにもおよぶ。 その記事はダデン教授が日本側の批判を「50人のギャングの主張」としてその内容には触れずに否定し、慰安婦を現代のナイジェリアのイスラム系テロ組織「ボコ・ハラム」の女性略奪に重ねて現在の日本側を糾弾するコメントを載せた。 まだ30代の若手の同氏は慰安婦問題での日本糾弾の急先鋒ダデン氏がジャパン・タイムズに寄せたコメントを批判していた。

Next

[B!] アレクシス・ダデン

「彼はドイツを中心とした欧州の歴史が専門で、日本や朝鮮半島のスペシャリストではない。 まさにこのイメージこそがアメリカの他のマスコミや識者たちの関心をあおったといえよう。 あーだこーだ言わずに単に「私が気に食わないから使うな」「韓国にとっては敏感な旗だから自粛せよ」と言えば話は簡単なのに、日本人を悪者に仕立てる過程を挟むから支離滅裂で苦しい論理展開をしなければいけなくなるのです。 これら犠牲者に対し、日本の閣僚の一人は一九九三年に曖昧な謝罪を表明し、数少ない生存者たちを助けるために民間の基金が設置された」 「しかし先週、日本の保守的な首相の安倍晋三はそのすべてを覆した。 com• 今回の慰安婦問題では、まさにその「安倍叩き」をもっとも激しく、執拗に展開しているニューヨーク・タイムズの論調もこの部類の典型だといえる。 アキタさんはジーグラー氏の人柄をほめた上で、こう指摘した。

Next