就学 支援 金 制度。 手厚くなった高等学校等就学支援金、2020年度から支給の判定となる基準が変更されています

高等教育の修学支援新制度:文部科学省

) なお、手続きに当たっては地方住民税情報による所得確認が必要になることから、地方住民税が未申告の方々については、事前に必ず地方住民税の申告を行っていただくようお願いします。 0倍、2. しかも2020年(令和2年)4月からの制度改正で、私立の通信制高校の支援額が一層手厚くなりました。 1.高等教育の就学支援新制度とは 高等教育の就学支援新制度とは、大学や短大、高専、専門学校などの高等教育の進学や就学にかかる費用に対して、要件を満たせば、 「入学金や授業料などの減免・免除」と「給付型奨学金の支給」が適用されます。 4.注意点 以下では、高等教育の就学支援新制度を利用する上での注意点について紹介していきます。 あなたの住んでいる自治体はどうですか? 実際の内容については、住んでいる自治体のホームページなどで確認しましょう。 失職・死亡・離婚等が以下の期間内に発生している ・失職:令和元年12月31日~令和2年12月30日 ・死亡・離婚:令和2年1月1日~令和2年12月31日 3. 学校設置者(県立高校の場合、埼玉県教育委員会)が生徒本人に代わって国から受け取り、 納める必要のある授業料と相殺します。 ただし、就学支援金の額は、授業料として支払っている額(支給限度額の範囲内)となっていますので、例えば休学期間中には授業料が課されない学校の場合には、就学支援金の額は0円になってしまい、36月の支給期間は経過していくことになります。

Next

高等教育の修学支援新制度:文部科学省

2.在住要件 日本国内に住所を有する方が対象です。 各都道府県の担当部局• 世帯年収の目安は世帯状況(家族構成、サラリーマンか自営業か等)によって大きく異なる場合があります。 支給される金額は、在籍する課程により異なり、原則授業料の金額と同額です。 高等教育の修学支援新制度では、経済的な理由で大学などに進学することが困難な家庭の学生が対象となっているため「所得基準」が設けられています。 また、年収目安については、以下資料にも記載しておりますので参考にしてください。

Next

高校の就学支援金制度で所得制限に引っかかった人の職業や体験談|世知NOTE

なお、就学支援金支給対象外の世帯が、保護者の失職、倒産などの家計急変により収入が激減した場合の支援については、Q25を御確認ください。 13 Q 申請書など必要な書類はどこでもらえますか? A 入学される高校等から入学説明会時や入学後に配布されます。 高等学校等就学支援金制度の対象者 「高等学校等」に入学する生徒が、就学支援金支給の対象です。 毎年7月頃に申込手続きが受付けられるので、 早めに在学する高校や住んでいる自治体の窓口に問い合わせて手続きに必要な書類をそろえておくようにしましょう。 国立高等学校、国立中等教育学校の後期課程 月額9,600円 公立高等学校(定時制)、公立中等教育学校の後期課程(定時制) 月額2,700円 公立高等学校(通信制)、公立中等教育学校の後期課程(通信制) 月額520円 国立・公立特別支援学校の高等部 月額400円 上記以外の支給対象高等学校等 月額9,900円 なお、単位制の高等学校、中等教育学校の後期課程、専修学校においては、履修単位数に応じた支給となります。

Next

高等学校等就学支援金制度に関するQ&A:文部科学省

1.在学要件 下記の学校に在学している方が対象です(国立・公立・私立は問いません)。 学校給食費 小中学生の約7人に1人が就学援助 文部科学省によると、平成28年度は、小中学生のうち就学援助制度の利用者数は143万人(うち準要保護者数は130万人)で、5年連続減少しました。 たとえば、東京都の場合には2017年に小池百合子知事により私立高校の無償化が進められ、私立高校に通う子供がいる世帯に「授業料軽減助成金」が支給されています。 親権者である両親がいらっしゃる場合、祖父母に収入があったとしても、祖父母の所得は判定に係る世帯所得には算入されません。 詳細は学校所在地のある都道府県や高校等に御確認ください。 なお、学校の授業料と就学支援金の差額については、生徒本人(保護者)が支払う必要があります。 修学旅行費• 医療費• 判定に用いる地方住民税情報は、毎年6月頃に前年中の所得に基づくものが出されます。

Next

高等学校等就学支援金制度:文部科学省

<制度の対象となる学校> ・国公立の高等学校(全日制、定時制、通信制) ・私立の高等学校(全日制、定時制、通信制) ・中等教育学校後期課程 ・特別支援学校高等部 ・高等専門学校(1~3年) ・専修学校高等課程 ・専修学校一般課程や各種学校のうち国家資格者養成課程に指定されている学校 ・各種学校のうち一定の要件を満たす外国人学校 ただし、すでに高校等を卒業した生徒や、3年(定時制・通信制は4年)を超えて在学している生徒、専攻科や別科、科目履修生、聴講生などは対象外です。 授業料が下記に達しない場合には、授業料を限度として就学支援金を支給します。 ・国公私立の高等学校(全日制、定時制、通信制) ・中等教育学校後期課程 ・特別支援学校の高等部 ・高等専門学校(1~3学年) ・専修学校(高等課程) ・専修学校の一般課程や各種学校のうち国家資格者養成課程に指定されている学校 ・各種学校のうち一定の要件を満たす外国人学校(告示で指定) 【】 ただし、以下の方は対象とはなりません。 また、高卒認定試験(高認)合格者も申請が可能です。 市役所等で発行をうけた(非) 課税証明書• ご利用いただける補助制度について 当課で所管している補助制度として、国の「高等学校等就学支援金」、県の「父母負担軽減事業補助金」及び「奨学のための給付金」等があります。

Next

2020年4月改正の「就学支援金制度」で通信制高校の授業料が無償に!? 支給額や申請方法を確認しよう

590万円以上~910万円未満の場合は、 1単位あたり最大4,812円の支援が受けられます。 制度の詳細については、在籍する学校又は学費軽減ヘルプデスクにお問い合わせください。 また、GPA(平均成績)が一定基準以下になるなど、成績不良や学修意欲を疑われる場合には「警告」が行われ、それを連続して受けた場合も支援打ち切りの対象となります。 計算方法も複雑で、一概に「年収がいくら以下であれば支援対象になる」というものではありません。 国の法律に基づく全国一律の制度で、東京都においては、申請書類に係る所得審査等の事務について、私学財団が東京都から受託し、東京都私学就学支援金センターで行っています。

Next