エクセル vlookup 複数 条件。 エクセル【VLOOKUP関数】で別シートから簡単に条件にあう値を参照しよう!|エクセルドクター

ExcelのVLOOKUP関数を複数条件で検索する方法

しかし、弱点もいくつかあります。 しかし工夫すれば複数条件にすることもできるのです。 なお、右側の列の「カウント」列は、重複がないか確認するための列です。 エラーの場合の値 数式がエラーと判断された場合に返す値を指定します。 」エラーになる原因と対処法からです。 先ほどの表で「地区」が何番目にあるかを求めるには、以下のような関数式になります。 事務職で毎日Excelと戯れています。

Next

【エクセル時短】VLOOKUP関数の応用ワザ。2つの条件で値を検索するために組み合わせる関数とは?

閲覧数ランキングで探す• 注 ここは少し難しいところです。 なので、 「同じ検索値」ではなく「個別の検索値」として認識させてしまえばいいのです。 後は、 今までで 位置特定か、 済んだ、 意図した 位置を、 OFFSET構文で 読み出せば、 良いだけです。 Sheet1の1行目は項目行でデータは2行目以降にあり、 D列が「あだ名」列になっているとします。 <おまけ> 『実務で使えるExcel入門セミナー 基礎編』を2月14日(土)の14時から恵比寿のセミナールームで開催することになりました。

Next

エクセル【VLOOKUP関数】で別シートから簡単に条件にあう値を参照しよう!|エクセルドクター

INDEX関数+MATCH関数も定番の組み合わせ ここまではVLOOKUP関数を使いましたが、クロス抽出を実現する関数の組み合わせとしては、 INDEX(インデックス)関数とMATCH関数もあります。 しかし今回のように 該当者が複数人いる場合には使えないのでしょうか? 今回は VLOOKUP関数で複数の該当件数を取り出す方法を見ていきます。 ではでは、 基本から。 例えば上の表からセルF2に指定した人の受講日をセルF5に表示させようとしてVLOOKUP関数を使いましたが「 REF! Count, "A". この範囲の最大値を取得します。 構造化参照と合わせて活用してくださいね。 手順4、演算子「&」でVLOOKUP関数の検索値を可変にする そのまんまです。 なお今回は東京都出身の人を検索していきます。

Next

VLOOKUPの検索に複数条件を指定する

これでA列に入っている情報を検索値にすることで、「東京都」ではなく「東京都1」「東京都2」といった形で別の情報が入ったセルとしてVLOOKUP関数の検索を掛けることができるようになります。 。 VLOOKUP関数を入れるときに注意すること 事前準備は終わりました。 併せて確認してみてください。 このような形で、検索結果を抽出する数式を先程の表の右側にでも用意しておきましょう。 引数「最大範囲」 セルの範囲を指定します。

Next

エクセルVLOOKUP関数で複数条件で値を検索する方法

冒頭にも出てきた、フォーブスのアスリート年収ランキング(2013年版)から a. もう此処までで、 シート2の、日付記載行の、 何列目を 読み出したら、 良いか、 が 判った訳です、 意外と 簡単でしょ? ただし、年齢の条件で、すでにAND関数をつかっていますから、 上の式(20,000,000<=E7,E7<=30,000,000)を追加する形にすればOKです。 実現するための3つのステップ 条件を満たす全てのデータを取り出すには、下図のような作業用の列を準備して、次の3つのステップを踏んで実現します。 ただ、似たような表をいくつも作るよりは、今回のように1つの表で完結したほうがスッキリするでしょう。 参照する表にデータの増減があっても数式を修正しなくて済むように、構造化参照しているわけですね。 ROW関数の範囲を省略した場合、ROWが入力されているセルの行番号が返されます。 実際に下の表で見てみます。

Next

エクセル【VLOOKUP関数】で別シートから簡単に条件にあう値を参照しよう!|エクセルドクター

Excelで作成した表には、縦方向(行)と横方向(列)にデータが並んでいますよね。 この式をIF関数を使って判定していきます。 関数を入れる前に簡単な下準備をする VLOOKUP関数で複数条件が必要な場合は、下準備が必要になります。 1VLOOKUP関数の数式を入力する こちらは取り出した値をまとめる表です。 引数「条件範囲」 引数「条件」の対象になるセルの範囲を指定します。 効率化をしたい。 今、ご覧頂いたサンプルでは、検索される表が1つでした。

Next

エクセルVLOOKUP関数で複数条件で値を検索する方法

P5セルを見てみると「バスケットボール」になっています。 で、 最大を 求めるのは、 MAX INDEX ……,, 構文です、 ……の場所に、 最大値を 得たい式を、 いれます。 」エラーになる場合 まずは「 REF! VLOOKUP関数の引数において検索値はF5、範囲はA2:D7、検索方法はFALSEとし、列番号を「氏名の表示セル」では2、「出身県の表示セル」では3、「受講日の表示セル」では4とすればよいのです。 それに対し、SUMPRODUCT関数を使用してAND かつ の複数条件で値を取得する場合、全ての条件に合致しなくても値を返してしまいます。 今回は、関数を使用して、条件を満たす複数のデータを表から取り出すテクニックを紹介します。 解説 照合の型 「1」:検査値以下の最大の値を返します。

Next

VLOOKUPで複数結果を全て抽出・表示する方法/重複したときに2番目以降も抽出できる?

試してはいませんが この方法でやれば検索条件が3個以上でも対応可能と思われます。 言い換えると、複数条件を1つの条件に変えるための作業です。 に 吉川 真一 より• ただし、VLOOKUP関数には弱点があります。 5倍したり、0. C:C という数式を入れフィルハンドルで下へコピー! これで画像のような感じになります。 これを掛け合わせます。

Next