ダイハツ タント カスタム rs。 タントカスタム グレード毎の違い、特徴、魅力をご紹介

ダイハツ タントの燃費

これにより車外でのシートベルト脱着が可能となり介護する側の負担も軽減される。 街中は16〜18位です。 パノラマモニター ブラックインテリアパック(サイドエアバック付) LEDヘッドライト かっこいいアルミホイール これらのオプションが最初から付いてて160万円。 キャッチフレーズは、標準系が「育ち盛りの家族へ。 本仕様は「カスタムX」・「カスタムRS」をベースに、専用メッキグリル、トップシェイドガラス、キーフリーシステム(イモビライザー付)、専用15インチアルミホイールを装備。

Next

〈試乗記:新型ダイハツ・タントカスタムRS〉DNGAの高い潜在能力を感じさせるハンドリングとシートの一体感。だがパワートレインと快適性、ADASの制御には今後の洗練を期待|軽

他にもタントカスタムではパワースライドドアが両側になっているので、ドアの開け閉めが自動になるのもポイントが高いですね。 グレード体系は「ウェルカムターンシート」は「L」と「X」、「ウェルカムシートリフト」と「スローパー」は「L」・「X」・「カスタムRS」がそれぞれ設定され、「ウェルカムターンシート X」、「ウェルカムシートリフト X」、「ウェルカムシートリフト カスタムRS」には4WD車も設定される。 黒とグレーの樹脂パネルが素材感剥き出しのまま室内を埋め尽くしており、ただただ暗く安っぽいのだ。 2013年のフルモデルチェンジまでの2代目では助手席側の後部ドアが軽自動車としては初めてスライドドアとなった。 電動格納サードシート• 異なる個性の2タイプ「タント」と「タントカスタム(CUSTOM)」を設定する。

Next

タント カスタムRS(ダイハツ)の中古車

タントカスタムには、660cc直列3気筒12バルブ「カスタムL」と「カスタムX」、同ターボを搭載する「カスタムRS」の計3グレードを設定。 660 X スペシャル• ETC• その他にもLKC(レーンキープコントロール)によって、ハンドル操作をアシストしてくれるので、運転が苦手な人でも安心出来ると思いますよ! 女性・若者目線から見たタントカスタムのグレード選びのコツ 今までタントカスタムの各グレードの注目装備について見てきましたが、どのグレードもそれぞれ特徴的な装備品が多かったですね。 それではここからは走行シーンごとの燃費や走りっぷりなどをお伝えしていこう。 Photo(右):カスタムRS 2WD。 そのほか、助手席が回転・下降するシートリフト機構付「ウェルカムシート」や車いす乗車を考慮した「スローパー」を用意する。 あれだけ空間が広いのに真冬の2月ですが、とても暖かいです。 『X』のグレードに追加される助手席イージークローザーは、助手席のドアが半ドアだった場合に自動で全閉してくれるんです。

Next

ダイハツ タントカスタム 実燃費レポート│NAとの差もわずか!?余裕の動力性能を持つターボモデルの実燃費やいかに!

フロア高が16mm下げられたうえ、サイドシルとの段差もほぼゼロに抑えられているうえ、1755mm(FF車。 9〜 149万円 181万円 24. 660 フレンドシップ ウェルカムシート カスタムX SAIII• さらに、これまではディーラーオプション設定だった死角となる左右後方の障害物をブザーで知らせるコーナーセンサー(リア2個)も「スマアシIII」搭載車に標準装備した。 5万円 27. 660 カスタム L• 9万円 118. 660 カスタム X• 1層のみのコーティングになりますが、仕上がりは他社コーティングと比較しても大きく劣るとこはございません。 660 カスタム L• そのほか、専用14インチアルミホイール、LEDヘッドランプ(ロービーム・オートレベリング機構付)、右側パワースライドドア(ワンタッチオープン機能・予約ロック機能付)、パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパックが特別装備された。 もちろんDNGAプラットフォームの恩恵でシャシー性能が追いついていないという印象はないものの、純粋に薄いタイヤとなった影響が出ているという感じだった。 7) タントについての最新記事• ドレスアップ仕様の「カスタム」。

Next

ダイハツ・タント

7万円 20. 660 カスタム RS トップエディション VS SAIII 4WD• - 一部改良。 660 フレンドシップ スローパー L スマートアシスト非装着車• 今後は、セオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡り、この艶と輝きを維持する事が可能となります。 また、現行の最新モデルとなる2017年12月発売モデルでは、歩行者に対する緊急ブレーキ対応が追加された衝突回避支援システム「スマートアシストIII」が全車に装備され、4箇所に設置されたカメラにより、車を俯瞰しているような映像を映し出す「パノラマモニター」がオプション設定できるなど、従来のモデルと比べて安全性能が向上しています。 コンフォータブルパック、スマートパノラマパーキングパックはメーカーオプション。 唯一の違いとなるのはグレードの名称に『カスタム』が付くことと、そしてターボ車が『RS』となるかどうか。 660 L スマートアシスト非装着車 4WD• 車の購入とオプションはセットみたいなものですし、どうせならどのオプションが良いのかも知りたいと思います。 4WD車は1775mm)の全高を利して1370mmの室内高が確保されているため、乗り降りはBピラーのない助手席側の「ミラクルオープンドア」をフル活用せずとも極めて容易だ。

Next

タントカスタム/ダイハツ|クルマレビュー

一番後ろに下げてしまえば、助手席側のスライドドアから運転席に乗り込むのもラクラクだ。 660 カスタム RS トップエディション SAII 4WD• 660 カスタム X スマートセレクション SA• シートについては骨盤、でん部、大腿部をしっかり支える設計としたほか、座面の硬さを最適化することでフィット感とホールド性、座り心地を向上。 全周囲カメラ カーナビ• 5〜 112万円 161. LEDヘッドランプ• カセット 動画プレイヤー• 5万円 177. タントカスタムのグレードは2つと考えるとわかりやすい まずタントカスタムのグレードは、基本的にタントのグレードと変わらず2つと考えれば良いです。 にも「たんと」という似た言葉がある。 一方、タントカスタムはムーヴカスタムが洗練されたデザインとなっているため、本来のカスタムのコンセプトである攻撃的なデザインを踏襲している。 そしてタントカスタムのグレード間の選び方として気になるのが、『スライドドア』と『シートアレンジのバリエーション』の2つです。

Next