青森県梅雨入り 2020。 青森県(東北地方北部)2020年の梅雨入りと梅雨明け宣言はいつ?平年の時期や傾向も!

青森県の梅雨入り・梅雨明けの時期を紹介!独自予想あり!【2019年版】

これらのデータから東北北部の梅雨期間を予想すると、2020年は35日~50日くらいになりそうですね。 平年の意味は? 天気予報で誰もが耳にしたことがあるのでは? 「平年並み」という言葉。 使い捨てマスクってコスパ悪くない!? 平均値を表す黒線が若干右肩上がりのため 東北南部の梅雨入り時期は遅くなっている傾向が見て取れます。 東北南部の梅雨明けの平年時期は7月25日頃となっています。 大仏公園でも、例年7月いっぱい「あじさい祭り」が催されているようなので、それに合わせていかれるのもおすすめですが、 今年はコロナウイルスの関係もあり、開催予定は今のところ未定です。

Next

島根県の梅雨明け予想!2020年の時期はいつ?【最新版】|梅雨明け・梅雨入り予想【2020】

8 1009. 平年の東北南部の梅雨入りは6月12日ごろ、梅雨明けは7月25日ごろ となっています。 いずれも特別豪雪地帯に指定されている地域を有する非常に寒さの厳しい地方ですが、夏は過ごしやすく旅行にぴったりです。 あくまでも「予測」ですので、決して正確な情報とは捉えずに「梅雨の時期が到来するおおよその期間」という認識で準備しておきましょう! 2019年の青森県の「梅雨明け」を過去データから読み解く!(独自予想あり!) 続いて、同じように気象庁が公開している過去データ30年間の梅雨明け時期を見てきましょう! 梅雨明けの時期を狙って予定を立てたい方は必見です。 68年間における梅雨入りの時期の平年日を見てみると、6月12日ごろとなっています。 そして20~29日だったのは7回、30~39日だったのは15回、40~49日だったのは24回、50~59日だったのは12回となっており、梅雨期間が40~49日だった年が最も多いことがわかります。 昭和26年(1951年)以降の梅雨入りと梅雨明け(確定値) 梅雨は、春から夏に移行する過程で、その前後の時期と比べて雨が多くなり、日照が少なくなる季節現象です。

Next

青森県の梅雨入り・梅雨明け情報

0 0. 1951年から2019年まで、過去69年間のデータを見てみると 最も早い梅雨入りは1959年と2015年の6月1日頃で、 最も遅い梅雨入りは2017年の6月30日頃でした。 さらに細かく、このデータを 「直近10年間」として見てみると、 年 梅雨入り 降水量(%) 2009年 6月 4日頃 148 2010年 6月16日頃 113 2011年 6月21日頃 70 2012年 6月 9日頃 86 2013年 6月15日頃 110 2014年 6月 6日頃 109 2015年 6月26日頃 87 2016年 6月13日頃 91 2017年 7月 1日頃 118 2018年 6月11日頃 99 一番早い時期で、2009年 「 6月 4日頃 」一番遅い時期で2017年 「 7月 1日頃 」ですので、直近10年間においても、梅雨入りの時期は「 約1ヶ月弱」のズレがあります。 より引用 これはつまり、日照時間の多い日 梅雨入り前 から 少ない日 梅雨 に移る辺りで平均5日程の期間があり、 その中日を梅雨入りの日として発表している事になります。 ただ、 気象庁でも梅雨明けの明確な判断ができない年も多く、 真夏への切り替わりが難しいようです。 8 -0. 梅雨入りの時期が遅くなっている傾向にあることも考え合わせると、 2020年の東北地方南部の梅雨入りは6月10日から6月24日の間くらいになりそうです。 天気予報と同じように「おおむね」の意味はありますが、より青森県の梅雨入りと梅雨明けの時期は把握して頂けたかと思います。 0 1010. 1 15. さらに東北南部の梅雨入り時期の分布を詳しく見てみると、 過去68年間で6月上旬に梅雨入りした年は34回で50%となっており、とても割合が高いことがわかります。

Next

2020年の青森龍飛崎あじさいロードの紫陽花見頃はいつ?現在の開花状況も

これまでは 冷夏や 酷暑になる年もありましたが、今年は 今まで通りの熱い夏がやってくると予想されます。 梅雨の入り明けには、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。 5日間程度の天気の動向をみる これらが当てはまると「梅雨入り」「梅雨明け」の判断がなされるのです。 気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデータによると、東北北部の最も早い梅雨明けは2002年の7月5日、最も遅い梅雨明けは1991年の8月14日でした。 なおかつ、実は東北地方南部においては、エルニーニョ現象が起こった年の梅雨入りの時期は例年どおりが38%、早くなった年が31%、そして遅くなった年が31%となっており、影響をデータに反映するのが難しくなっています。 梅雨入りや梅雨明けの時期に関しても、天気予報と同じように「よく、外れよるよな~」と思ったことはありませんか? 実はその理由には、気象庁も採用している「平年」という言葉にポイントがあります。

Next

青森県(東北地方北部)2020年の梅雨入りと梅雨明け宣言はいつ?平年の時期や傾向も!

東北北部の2020年の梅雨入り時期を予想! 東北地方の中でも雪深いイメージのある北部の地域。 後半は高気圧に覆われて、平年と同様に晴れの日が多い見込みです。 当サイト独自の見解でも、 「平年と同じ時期」と予想しています。 食を楽しむと言えば、東北地方。 その結果が下記の通りです。

Next

東北地方の梅雨入り、梅雨明け予想!2020年はいつ?

平年の意味は? 天気予報で誰もが耳にしたことがあるのでは? 「平年並み」という言葉。 梅雨の時期は雨が多くなり、湿度は高く、気温も高いので不愉快な気持ちを長く体験する時期です。 68年間で梅雨期間が60日以上だったのは2回だけであり、こちらも珍しいことがわかります。 一般的に紫陽花の見ごろは青森県だと7月いっぱいにかけてというところが多いのでしょうか?! 昨年の開花状況を見てみると、あじさいロードでは7月中旬ころが見頃のように感じました。 668件のビュー. 気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデータによると、東北北部の最も早い梅雨入りは1997年の6月2日、最も遅い梅雨入りは、1967年の7月3日でした。 今後秋にかけてエルニーニョ現象もラニーニャ現象も発生していない平常の状態が続く可能性が高い(60%)。 先程と同様に気象庁のデータを見てみると 最も早い梅雨明けは1978年の7月5日頃で、 最も遅い梅雨明けは1987年の8月9日頃でした。

Next