う まるちゃん 大好き おじさん。 まほ(誌宝) Dカップひとみちゃんでパコーン おじさん大好き

【第18話 おじさまと猫】ふくまるなでなで大好きにゃーパパさんは?

体重は26kg。 たまえの父とボウリングで張り合ったり、大吉が出るまでおみくじを引き続けたりと、負けず嫌いな一面もある。 「お母さんの給食袋の巻」ではまる子がたまちゃん・とし子ちゃんの2人とお揃いの給食袋を作ることになり、デザインを考えていたところに乱入して一方的に頼み、完成した給食袋を受け取ると「思ったより可愛くない」と言い放ちまる子を激怒させる など、これまでにない性悪さを披露した。 食欲は落ち着いているものの肥満体型であることは変わらず、体重も86kgになっている。 3年4組の学級委員。 好きな漫画は『』。 の大ファン。

Next

【第18話 おじさまと猫】ふくまるなでなで大好きにゃーパパさんは?

いたずら好きのトラブルメーカー。 旧姓は「こばやし」。 ロマンチストな一面があり、ポエムを書くのが趣味。 何か言われても気にしない性格である。 正義感が強く、弱い者いじめがあると助けにいく性格でもある。

Next

【第18話 おじさまと猫】ふくまるなでなで大好きにゃーパパさんは?

友蔵を「じいさん」と呼んでいる(まれにおじいさんとも呼んでいる)。 好きな歌手は野口五郎。 ひろあき 声 - (第45話以降) まる子の従弟でヒロシの甥。 特定のモデルはおらず、完全なオリジナルキャラクター。 括弧内はももこ(まる子)から見た続柄。 大人になってからは、漫才師の夢を諦めてトラックの運転手の仕事をしている。

Next

まほ(誌宝) Dカップひとみちゃんでパコーン おじさん大好き

上方喜劇の作品も愛してくださっていたこと深く感謝いたしております。 小学校6年生時代の場合は本作と同じ姿だが、作者の「まる子」以前を書いた『おんぶにだっこ』では、アニメ とは異なりおかっぱ頭となっている。 前述の通り、作者の各種エッセイにも登場するが、両親とは異なり取り上げられた時代によって挿絵の容姿は変化している。 お小遣いは毎月3000円。 近年 [ ]の話ではクラスメートや永沢から卑怯者扱いされることはあまりなくなり永沢を気遣ったり自身の物をプレゼントしたりと元通りの良好な関係になりつつあり性格もやや明るくなっている。 ビッキー(ミス・ビクトリア) 花輪家で飼われている犬。

Next

【第18話 おじさまと猫】ふくまるなでなで大好きにゃーパパさんは?

大野くんと家が近所。 366• 宝物は西城秀樹のサイン。 アニメでは第2期以降一人っ子に設定が変更されている。 静岡のおじいちゃん 声 - 掛川裕彦(第10話以降) 名前不明。 将来の夢は、スチュワーデスになりいっぱい外国へ行くこと。

Next

ちびまる子ちゃんの登場人物

ただし、は嫌い。 お調子者で一発ギャグをやるなど、お笑い好きでいつもクラスの皆を笑わせるひょうきんな性格。 また、夏休みの宿題はギリギリまで手を付けず、毎年最終日になり家族中を巻き込んでいる (北海道旅行から帰ってきたたまえとたまえ父まで巻き込んだことも )。 まる子の親友。 意地悪で威張り屋の兄・富士男がおり、仲は良くない。

Next

【ラブライブ!】ことりちゃん、やっぱりおじさんが大好きだった・・・

5丁目5番地に「さくらまちこ」という人がいるが、関係はない模様。 そのことをクラスメートに打ち明けた際、永沢や山根から「卑怯」と言われたが、藤木が必死になってかばってくれた。 文鳥を2羽飼っており 、まる子が小鳥を猛烈に欲しがるきっかけとなった。 一方、体力テストの際には「立派なデブちん」になるべく必死に練習を重ね、本番での活躍ぶりは見事なもので、大野・杉山コンビが感心するほどであった。 アニメ第2期初めから中期頃までは陰険で口が悪い所があり、永沢と一緒に藤木を責める役どころであったが、徐々に「真面目で心優しい努力家」としての面が強調され、藤木を擁護することも多くなった。 子分気質であり、映画第1作では大野と杉山に憧れ弟子入りし、最終的に弟子になっている。 放屁することが多く、冬場は布団を暖めるためにの熱を利用して寝ているなど、品のない冗談を飛ばす傾向があるが、若い頃はすみれに対し、今では考えられないほどの気配りを見せていた。

Next