長野 電鉄 3000 系。 長野電鉄3500系電車

長野電鉄3500系電車

6kmの路線網がありましたが、約半分が廃止となり、現在は長野~湯田中間33. 12月14・15日は長野電鉄主催のツアー列車となる。 須坂駅から信州中野へ向けて発車してゆくN3編成モハ3513 長野 側。 28 1000系「ゆけむり」が出発。 本日は、先頭車両2両の荷下ろし・台入れとなりましたので撮影に訪れる方も結構いました。 その後、使用条件の変化などからO編成以外の対応改造や、(平成13年)にはから譲受したの搭載改造(N3 - N8編成とL編成のすべて)が施工された。 急行の出発を待って貨車の入換を開始しました。

Next

長野電鉄が「3000系電車」導入 元東京メトロ日比谷線03系 GWに運転開始へ

3000系(元)のうち1編成の両端先頭部の帯が赤色に変わりました。 営団時代の製造次別編成表をまとめてみました。 避雷器はパンタ横に付き、パンタ撤去車にはランボード他台座等が残る。 末筆になりますが、データ作成にあたり 資料を提供頂きました某ショップS氏、データ補完の呼び掛けにご一報頂きました N様、I様、清水様、K氏 様々な補完情報や一部画像を拝借頂いたアルミリサイクルカー様 のもっちゃん様 突然の訪問に も拘らず、快く取材にご協力頂きました長野電鉄及び長電テクニカルサービス職員の皆様 また社紋・ロゴを使用したインレタ 頒布の件について寛大なご回答を頂いた長野電鉄本社に、心から御礼と感謝を申し上げます。 しばらくすれば日常の光景で慣れてくるかと思います。 野沢温泉でスキーをした後、帰り道で撮りました。 神経質に拘る必要も無いとは思いますが、2編成3編成…と作る方はちょっと拘って仕様を変えてみるのも面白いと思います。

Next

元・営団地下鉄日比谷線3000系に逢いに長野電鉄へ

東京メトロ日比谷線で使われていた03系電車のイメージ(画像:長野電鉄)。 元・小田急のHiSE車で、2006 平成18 年に長野電鉄へ4連2本が譲渡されました。 クハ1550形1552は1953 昭和28 年に鋼体化改造された車体です。 O3編成パンタ周辺の形態データ追記。 53mm) 窓下太帯 20. これにより、2022年までに3500系・3600系が引退することが決まりました。 私が見たのは528列車でした。

Next

長野電鉄が新型通勤車両「3000系」導入 日比谷線03系を改造 3500系・3600系を順次置き換え

その後に旧車系の自動車雑誌やバイク雑誌の編集長などを経て、2012年よりフリー。 (形式記号は確認できませんでしたので省略) 私が到着した時点では、長野側の作業はすでに終了していました。 向かって左側のヒューズが外されている以外、ほぼN3編成と同様に見える。 なお、タイトル写真も信州中野駅にて撮影。 の新設• ただし、3603のヒューズは左右で異なるタイプを使用している。

Next

長野電鉄が「3000系電車」導入 元東京メトロ日比谷線03系 GWに運転開始へ

色々調べてみたものの求める情報を満足させる事は出来ず、結局現地へ取材に赴き2両編成を主体に現在の様子を調査して参りました。 しかし、近年冷房改造を施された車両は全て撤去しており、現在は非冷房車のみ搭載されてお ります。 (平成19年)、営団時代に3000系の第1編成だったN1編成(廃車済)が保存のために東京メトロに返還され、事実上の里帰りを果たした(「」参照) (平成23年)12月、O6編成が赤帯と「NAGADEN」ロゴが消された営団時代の姿に戻り、廃車までその状態で運用された。 なお、置き換えまでまだ時間がありますので、急いで撮影や乗車をしに行って新型コロナウイルスに感染したなんてことがないようにお願い致します…. 冷房能力は従来の3500系・3600系電車よりアップします。 配管が屋根肩(3507はランボード下)を通る 『Y K』=位置は車端中央の元『Y』形態の車両で、新型避雷器へ交換された車両 『Y (K)』=自身の目では未確認、『P (K)』同様の理由により新型避雷器へ交換されていると推測される車両 新型避雷器は、KP・YPで若干形状が違い、PKは肩が斜めに切り落とされたような形態で僅かに薄く、足の形状も違います。

Next

長野電鉄3000系ついに運行開始!今後も限定的な運用か? | akkiの鉄道旅行記

マイクロのAE用(大)がそのものズバリ? クーラー下には台座があります。 長野電鉄の3000系電車(画像:長野電鉄)。 その後も日比谷線の延伸に伴い1971年まで順調に増備され最終的に8両編成38本の陣容となっています。 列車無線の交換• (2)03-108号車 続いて3000系2編成目となる側先頭車の荷下ろし・台入れが行われました。 小さな板で塞がれている。 信州中野駅から湯田中駅へ向けて発車してゆくN8編成モハ3518 長野 側。

Next

長野電鉄が「3000系電車」導入 元東京メトロ日比谷線03系 GWに運転開始へ

構内での撮影については許可を得ております。 ご協力御礼申し上げます。 引退直前の撮影会にお誘いがあり、喜び勇んで参加しました。 1997 平成9 年まで活躍しました。 側扉へレールヒーターの新設と半自動化• この編成のうちの3両が長電にきている。

Next

ECナビ

昔も今も長野電鉄の拠点駅です。 右奥の電車は新OSカーと呼ばれた10系で1980 S55 年に2連1本だけ製造されました。 3524は、当初元3045号であったが、踏切事故で損傷したため事故復旧の際に元3077号に交換された。 3 この駅で列車交換のため、しばらく停車したので、降りて撮りました。 5 中央のステンレス車3500系は、元・東京の営団地下鉄3000系で、その先頭形状から「マッコウクジラ」の愛称がありました。 跨線橋もできました。

Next