レゾナンスステップ 編成。 【デレステ】イベント「LIVE Carnival(夢をのぞいたら)」攻略

【Vol.37】永石P、レゾナンスについて考える【ゲーム】|永石 匠|note

今回の編成の詳細をこちらにアップしておく(これだけの編成と数値ならこの程度のスコアが取れるだろうという目安になる)が、スコアの数値自体は参考程度にとどめてほしい。 レゾナンス編成やアンサンブル、トリコロール・シンフォニーによって他のと秒数を合わせることが重要になってきたため、秒数合わせができないことが多い13高はこれらの編成では不利です。 フェスで取れるスキブもユの代用としては少々劣ります。 Grooveでオーバーロードを入れると、レベルが低くとも3+1曲終える頃には、10まで上げていれば2曲目の途中で、1ミスで死ぬほどライフが減ります。 センター・卯月(グレートジャーニー)、SR・11秒スキブ もう一人のスキブにあやめ(印象)、SR・9秒スキブ パーフェクトサポート2名(9秒の卯月・12秒の凜) 7中ダメージガード(瑞樹、特技のポテンシャルは10にしてある) ゲストにトリコロールボイス・ステップ・メイクを特技にもつアイドル こちらでも同様にマスターレベルのALWAYSをライブしたところ次のようになった。 ちなみに 一度リセットを行うと前のボックスには戻れないので注意。 これについては一般的な話(指針)が無いので難しいところなのですが、以下に編成の具体例を示します。

Next

[フレ・デ・ラ・モード]宮本フレデリカ

GrooveDa:• では有力なリーダー候補 というか修正前のライフスパークルがあまりにも使い難かったので数少ない活躍の場だったが、ライフ回復とダメージガード特技持ちのライフのステータスが2倍に上方修正された際にリーダー枠の仕様が変わってしまい大幅に弱体化してしまった。 ランクが低いうちは編成やら選曲やらを適当にやっててもVoltageが溜まりますが、B~Aになると目標にギリギリ届かない……なんてこともあるはず。 レゾナンスはゲストで借りている。 レゾナンスには必須の相棒 現環境でハイスコア編成を組む場合、確実に編成しておきたいのは「 特技効果を特大アップ」できるスキルを持つアイドル。 カバー率を見ると11高が最も強く、次いで9高も同程度の水準。 すなわち、レゾナンス編成では「特技の発動間隔をなるべく統一する」ことが重要となります。 2人のスキル発動の秒数が被らなければOK。

Next

デレステ、SSRスキブ抜き放置編成を試す|みーにん|note

3シナジーに匹敵するぐらいの編成になります。 。 この通りに編成、ポテ振りをしても全く同じスコアがだせる保証はなく、責任も取れませんのでご了承下さい。 。 こうして生まれたほんの少しの時間でライフガードが発動すればクリア可能です。

Next

[フレ・デ・ラ・モード]宮本フレデリカ

放置編成では、 LIVE開始からライフガードの発動までにライフが残っているかどうかが重要です。 1ユニットに1人まで、全ユニットに3人まで、センターには設定不可という制約はありますが、これで編成の幅が大きく広がるはず。 「PERFECTサポート」は「スキルブースト」と同時に発動することで、MISSをPERFECTへ変えてくれます。 その中でも使い勝手が良いのは9秒と12秒の組み合わせ。 そこまでしてあげようと思うと入れるアイドルもかなり限られてきて全体でみるとスコアはそこまで上がりません。

Next

【デレステ】イベント「LIVE Carnival(夢をのぞいたら)」攻略

また、放置編成で用いられるのも主に8高と10高です。 限定とフェス限で効果は同じになった。 最低限でもトリコロール、レゾナンスのどちらかに加えて、センターと特化一致のシナジー2枚もしくはシナジーとシンフォニーを秒数一致で1セットの計三枚を所持していないとまともに組めない。 また、「重複発動する全てのスキルにブーストをかける」ということはつまり、「全てのスキルがブーストと同じ秒数で発動する」ということである。 これを活用して表の順に編成を決めていきましょう。 ちなみに効果時間と発動率的に 8秒間隔または10秒間隔のスキブがオススメです。

Next

[フレ・デ・ラ・モード]宮本フレデリカ

特技 Lv. まぁ将来的に新たなCoの6中フォーカスや13高以上のライスパが実装される可能性もあるので、それまでのつなぎとして多少妥協する感じでいくのがいいと思います。 LIVE PARTY!! センター効果のレゾナンスには組み合わせ次第で通常の単色編成やトリコロール編成以上のスコアを出せたり、 従来とは異なる放置編成やフルコン用編成も可能なほどの力があるため、ゲストで用いられる場合が多い。 プレゼント LIVEクリア時に特別な報酬枠が出現する。 11中は11高と秒数合わせができますが、6中は秒数合わせができないため編成によっては高確率に劣ります。 どういう編成でもほぼ入るため人権枠に近い特技だったが、単色スコアタ編成ではアンサンブルの登場により完全必須から陥落、シンフォニーによって3色スコアタ編成からも陥落して着実に立場を奪われつつある。 秒数については順に「いわすしか」で1. 前述の通り、GRAND LIVEではセンター効果としてレゾナンスが発動しているユニットには他ユニットのスキルブースト効果が重複して作用するという仕様があるので、これらを同時発動させることで極めて大きいスキブ効果が得られます。 COMBOサポート コンボ継続 R・のみ。

Next

その他編成例

ではセンターに置くとボーナスが適用される。 最近登場した特技なのでまだ6中、13高のみです。 5秒 少しの 6. ではメイク持ちをパフォーマー、ボイス持ちをボーカル、ステップ持ちをダンサーに置くとボーナスが適用される。 最適な編成 ユニット が組める• 総選挙はここ数回で確実に順位を上げているため、来年こそはシンデレラガールを。 イベント報酬のスパークルはセンター効果がトリコロール。 具体的には、SRスキブを2名使うとか。 ール・という特技は、特技単体の性能よりも「発動間隔」が最も重要視されるレゾナンス編成で用いられることもあるので一概には言えませんが、以上の理由から11高・9高の需要は7高と比較してやや高いように感じます。

Next